HOME  > 用語解説
SQ波乱  
日経先物などの清算値をSQという。毎月の第2金曜日の個別株の始値の平均値である。先物やオプションはすべてこのSQ値との強制的な差額決済となる。たしかにSQ算出の前後では市場は不安定な動きをする。株式市場での出来高もその日だけは急増するのだから、それなりに買い玉や売り玉も相当な数だけ出てくるのであろう。しかし、本来は先物もオプションも、売りと買いは同じ値段で一対ずつあるはずで、相場の水準に関係なくトータルのポジションはニュートラルなはずである。もちろんSQ値の算出日までの間に、始末しないといけないポジションの整理のために必要な売買は出てくるだろうが、SQ算出と同時に波乱が起こるというのは、いかにも滑稽な感じがする。しかも同じSQでも欧米では格別な波乱要因とはなっていない。これは日経先物の草創期に原因があるように思う。当時のSQ算出は終値の平均値で産出された。個別株はそれぞれの終値を毎日持っているのだから、算術的に平均することは可能である。しかし、その引け値なるもので大量の株数が裁けるのかとなると、実際は違う。寄り付きでワンショットで売買できるのと比べて、引けにおいてはすべてが終値で売買できない可能性があるのだ。残った玉は証券会社の自己ポジションとして翌日に持ち越されることになり、必然的にカバーさせられる宿命にある。そうした制度上の不備がSQによる波乱を招いたのであろう。SQ算出が寄り付きの値段の平均にすると変更された現在に至っても、そうした恐怖感は拭い去れていない。過去の記憶が生々しいのであろう。それが月に一度のSQをより大きなものに見せ、相場に臨む者も不用意に足をすくわれないように行動を強いられるのだ。疑心が暗鬼を生んでいるとは思ってみても、全参加者がそれに縛られて行動する以上、自分のポジショニングもそれに沿った戦略を構築しないといけない。

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2020年 06月 01日 (月)
日経先物の22000円台は様子見して、戻し高値を見極める。
本日のイベント
2020年 05月 29日(金)
08:30 失業率
日本 2.7%
08:30 有効求人倍率
日本 1.32
08:50 鉱工業生産
日本 -5.1%
15:00 小売売上高
ドイツ -12.0%
21:00 GDP
インド +2.1%
21:00 GDP
ブラジル +1.5%
21:30 PCEコアデフレータ
アメリカ -0.3%
22:45 CAPM
アメリカ 40.0
テクニカルポイント
2020年 06月 01日 (月)
日経先物
  • オプションのオファー22500
  • 先週の高値22105
  • 昨日の高値22040
  • 昨日の海外クローズ22040
  • 昨日の安値21660
  • 先週の安値20550
  • 先月の安値19060
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。