HOME  > 用語解説
有事のドル買い  
紛争やテロなどの勃発は、ドル買い意味した。それはドルが世界の基軸通貨であり、いざとなったらドルさえ持っていればなんとかなるだろうという性質のものだろう。ニュースが流れる前に、それを察知したプレーヤーがいち早くドル買いをしてしまうので、世の中に事実が知れわたる頃にはすでにドルが大きく値上がりしてしまっている。
今世紀に入って事情が多少、違ってきている。テロが米国本土を攻撃したこともあり、有事だからといってドルが買われるということは少なくなった。その代わりにユーロなどが選好されている。

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2019年 08月 26日 (月)
米中摩擦は激化。日本株は売り。
本日のイベント
2019年 08月 26日(月)
17:00 IFO指数
ドイツ 95.1
21:30 耐久財受注
アメリカ +1.0%
21:30 耐久財コア
アメリカ +0.5%
22:45 カーニー総裁
イギリス BOE
23:00 ブラード総裁
アメリカ セントルイス
テクニカルポイント
2019年 08月 26日 (月)
日経先物
  • 先月の高値21810
  • 今月の高値21570
  • 昨日の高値20730
  • 昨日の海外クローズ20135
  • 昨日の安値20130
  • 心理的節目20000
  • 今月の安値19890
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。