HOME  > 用語解説
ITバブル  
2000年にアメリカのITバブルが崩壊した。テクノロジー関連の企業が多くを占めるナスダック指数はあれから10年近くがたっても当時のレベルに復活していない。それまでの株価の上昇は激しいものがあった。日本でホリエモンが有名になった時代の株価つり上げ手法がすべて動員されていた。企業決算は四半期ごとに行われるが、アメリカの場合、良い悪いは一株あたりの利益、すなわちEPSで見る。その事前予想がいつも低めに公表されて、実際に結果発表となると株価が高騰するという図式を繰り返していた。株式分割も盛んに行われ、1年に3回も分割するということもザラだった。2倍に分割したのに、その直後には元の同じ値段になってしまっているということはよくあった。

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2019年 01月 18日 (金)
日本株は吹き値売り。米国の関税の観測で持ち上がったところを売っておく。
本日のイベント
2019年 01月 18日(金)
08:30 CPI
日本 +0.8%
18:30 小売売上高
イギリス -0.8%
23:05 ウイリアムズ総裁
アメリカ FRB
23:15 鉱工業生産
アメリカ +0.2%
23:15 設備稼働率
アメリカ 78.5%
00:00 ミシガン大学
アメリカ 96.9
*** CDU
ドイツ 新党首選出
テクニカルポイント
2019年 01月 18日 (金)
日経先物
  • 先月の高値22780
  • 米系のオファー20950
  • 昨日の高値20610
  • 昨日の海外クローズ20515
  • 昨日の安値20180
  • 先週の安値19950
  • 先月の安値18840
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。