HOME  > 用語解説
ポジション調整  
市場になんの材料もなくても値段は動き続ける。参加者の多くがポジションを抱えており、目前の値動きに神経質になっている。材料が出なくても、あるレベルに達すると自動的に損切り注文なども飛び出し、それがさらにマーケットを動かす。すべては損をかかえたポジションを手仕舞おうとする動きの現れである。また、大きな経済指標が出ても、その意味する方向へ動かないときがある。それは市場参加者のポジションがあまりにもその方向へ偏りすぎているため、ポジション調整が出始めてそれ以上進めない状態になっている証拠。買い材料が出ても上がらない、むしろ下がってしまうなど、市場では四六時中、起こっていることである。

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 12月 17日 (月)
日経先物の21000円割れは売り込んでいく。
本日のイベント
2018年 12月 17日(月)
22:30 エンパイア指数
アメリカ +20.2
00:00 NAHB
アメリカ 60
06:00 対米証券投資
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 12月 17日 (月)
日経先物
  • 今月の高値22780
  • 先週の高値21920
  • 昨日の高値21695
  • 昨日の海外クローズ21220
  • 昨日の安値21180
  • 10月の安値20790
  • 今年の安値20130
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。