HOME  > 用語解説
限月  
ゲンゲツと読む。先物取引では取引きが終了となる満期の日が決まっていて、日経先物の場合は3月、6月、9月、12月の第2金曜日が満期日となっている。この満期日の属する月を限月といい、違う限月の先物取引が同時に上場され取引きされている。その中で出来高のいちばん多いものを中心限月という。日経先物の場合は直近の限月のものが中心限月となり、取引最終日であるSQの前日まではかなりアクティブに取引きされる。中心限月以外は取引きもほとんど成立しないので流動性に乏しく、手を出すべきではない。日経先物の限月交代は出来高でもって判断する。

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 05月 21日 (月)
米中協議に進展はなし。朝から日本株を売っていく。
本日のイベント
2018年 05月 21日(月)
08:50 貿易収支
日本 +406.0B
01:15 ボスティック総裁
アメリカ
03:15 ハーカー総裁
アメリカ
*** 首班指名
イタリア 連立内閣
テクニカルポイント
2018年 05月 21日 (月)
日経先物
  • 2月の高値23490
  • 心理的な節目23000
  • 昨日の高値22960
  • 昨日の海外クローズ22800
  • 先週の安値22690
  • オプションのビッド22500
  • 先月の安値22085
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。