HOME  > 用語解説
取引手数料  
頻繁に売買すると手数料がバカバカしいと考える人も多くいる。しかし、5円や10円といった最小刻みの値動きによって日経先物はいくらの損益が発生するのかを考えると、多くの場合、手数料分くらいは十分に回収できてオツリがくる。相場に立ち向かって値幅を取りに行ってやろうとしているのだから、少なくとも最小刻み以上の値幅は取れると思って相場に入っていくはずである。手数料でやられてしまったというのは言い訳にすぎないように思う。逆にこんなに取引手数料が安くなって、いい時代になったと前向きに考えるようにしたい。

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 07月 15日 (日)
日本は休みだが、割高になっている日経先物の空中戦の行方をウオッチ。
本日のイベント
2018年 07月 16日(月)
11:00 GDP
中国 +6.7%
11:00 鉱工業生産
中国 +6.5%
11:00 小売売上高
中国 +8.8%
19:55 BOA
米企業決算 +0.60
21:30 小売売上高
アメリカ +0.4%
21:30 小売売上コア
アメリカ +0.6%
21:30 エンパイア指数
アメリカ +20.0
05:05 ネットフリックス
米企業決算 +0.80
*** 米露
首脳会談
テクニカルポイント
2018年 07月 16日 (月)
日経先物
  • 5月の高値23050
  • 先月の高値22970
  • 昨日の高値22670
  • 昨日の海外クローズ22575
  • 昨日の安値22300
  • 先週の安値21720
  • 先月の安値21430
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。