HOME  > 用語解説
パッシブ運用  
パッシブとは「消極的な」という意味である。「株式のブル型ファンド」といったところで、株式市場全体が下がり気味であってはどうにもならない。パッシブファンドの場合は、ファンドの価値が下落しても「株式相場がダメだから」という言い訳が許され、相場の下落リスクは投資家が全面的に負っている。値下がり局面でファンドマネージャーが出来ることといえば、値下がりに対してより抵抗力の株式を組み入れることぐらいのものである。値上がり局面では他の株式の何倍もの値幅で上昇する可能性の高いものを組み入れるなどだ。株価指数が10%下げていても、ファンドの値段の下落が8%ならば成功とする。株価指数が5割も上昇しているのに、ファンドの価値が2割しか上がっていないと大失敗ということになり、要はベンチマークとしての株価指数との競争なのである。

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2019年 05月 24日 (金)
今日も日本株は戻り売り。
本日のイベント
2019年 05月 24日(金)
08:30 CPI
日本 +0.9%
17:30 小売売上高
イギリス -0.1%
21:30 耐久財受注
アメリカ -2.0%
21:30 耐久財コア
アメリカ +0.2%
*** EU議会選挙
5/23-26
テクニカルポイント
2019年 05月 24日 (金)
日経先物
  • 今月の高値22495
  • 先週の高値21490
  • 昨日の高値21235
  • 昨日の海外クローズ20870
  • 昨日の安値20810
  • 先週の安値20750
  • 3月の安値20640
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。