HOME  > 用語解説
先行性  
マーケットの価格は何よりも正直に世の中のことを反映しているとされる。理由は明らかで、そこで取引されるレートによってお金が動くからである。だれもお金を損してまで相場を操縦しようというものはいない。仮に出来たとしても、市場にお金をばら撒いているような結果につながることが多い。よって市場が変な動きを示しだしたら、自分が知らなくとも世界で何かが起こっているのだと思えるくらいに、マーケットに対しては謙虚な姿勢で臨まないといけない。実際に自分が入手できる情報などというものは限られているものだ。経済指標の発表は時間が決まっているために、あらかじめ身構えることもできるが、予期せぬようなとんでもないことが起こることもあるのだ。実際、2001年9月のテロのときは、何が起こったのかという情報の確認はかなり遅れた。ただ米債相場が急騰し、少し遅れてS&P先物などの株価の急落が危機を伝えていたのみだった。ニュースソースを見ても「WTCに取材のヘリが突っ込んだ」というような情報が飛び交っただけだ。レートはウソをつかない。

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 08月 17日 (金)
今日は動かなさそうだ。
本日のイベント
2018年 08月 17日(金)
08:30  ロウ総裁
オーストラリア 議会証言
23:00 景気先行
アメリカ +0.4%
23:00 ミシガン大学
アメリカ 97.8
テクニカルポイント
2018年 08月 17日 (金)
日経先物
  • 5月の高値23050
  • 先月の高値22930
  • 昨日の高値22345
  • 昨日の海外クローズ22270
  • 昨日の安値21860
  • 今週の安値21820
  • 先月の安値21430
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。