HOME  > 用語解説
レバレッジ  
レバレッジというのは、少ない資金でより大きな資金を動かせることを指す。本来はてこを意味する言葉。日本では一般の人が行なえるレバレッジ取引のマーケットといえば、株式の信用取引、商品先物などが代表的だった。日経先物やオプション取引も1980年代に開発されたが、あくまでも法人向きであり、個人向けのものでは決してなかった。1997年の外為法改正によってFX(外国為替証拠金取引)やネット証券の一般信用取引などが始まるに及んで、一般の人々にも馴染みのある手法となった。いずれにしてもリスクに対する説明はこれらの取引を扱う会社任せになりがちで、啓蒙があまり進まなかったために、レバレッジを使う取引は怖いものという印象を持たれやすい。しかし少ない資金で大きな資金を動かせるということは、利益の幅もそれだけ大きくなり、資金効率がよいということでもある。うまくリスク管理をすれば、レバレッジと付き合うことのメリットは大きい。

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 11月 20日 (火)
午前中に深押ししたところを拾ってみる。
本日のイベント
2018年 11月 20日(火)
09:30 会合議事録
オーストラリア RBA
12:45 20年債入札
日本
16:00 PPI
ドイツ +0.2%
22:30 住宅着工
アメリカ 1.23M
テクニカルポイント
2018年 11月 20日 (火)
日経先物
  • 先月の高値24480
  • 先週の高値22320
  • 昨日の高値21920
  • 昨日の海外クローズ21585
  • 昨日の安値21530
  • 先月の安値20790
  • 今年の安値20130
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。