HOME  > 豆知識
(21)クロージング  
終了にいたっては時間もずれている。日経平均株価の最後の算出を「大引け」というが、それは15時ちょうどである。一方、日経先物のほうはといえば15時10分までザラ場が続いており、この10分の違いで相場が大きく動いてしまうこともある。とくに15時ちょうどに決まる日経平均株価の大引けの値段が、その日の高値もしくは安値で終了していたときなどはたいへんである。

日経平均株価が高値引けしたということは、「高いところをどんどん目をつぶってさんざん買ったのだけれども、それでもまだ買い足りませんでしたよ」ということであり、翌日以降も買いが続くだろうとみなされる。テクニカル的にも重要な買いシグナルとなってしまうため、その後の日経先物の相場はそれを先取りするように動かざるを得ない。

売りから入った人は全滅しているわけで、我慢してきた人々も買い戻しにかかるであろう。明日は値段が飛んでさらに高いところで始まってしまうかもしれないと思っている人は、今のうちに買っておこうと思わずにはいられない。そうした思惑が反映される形で、15時ちょうど以降の10分間の方が日経先物はダイナミックな動きをすることもあるのである。

日経先物の終値は板寄せによって決定されるが、先物取引であるため清算値と呼ばれる。いうまでもなく日経平均株価の大引けの値段と日経先物の清算値は一致しない。
2010/05/28

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 08月 20日 (月)
日経先物の22300円アッパーは売り。
本日のイベント
2018年 08月 20日(月)
15:00 PPI
ドイツ +1.7%
00:00 ボスティック総裁
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 08月 20日 (月)
日経先物
  • 先月の高値22930
  • 先週の高値22375
  • 昨日の高値22330
  • 昨日の海外クローズ22230
  • 昨日の安値22075
  • 先週の安値21820
  • 先月の安値21430
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。