HOME  > 豆知識
(24)限月(ゲンゲツ)  
先物取引では取引が終了となる満期の日が決まっていて、日経先物の場合は3月、6月、9月、12月の第2金曜日が満期日となっている。この満期日の属する月を限月といい、違う限月の先物取引が同時に上場され取引されている。その中で出来高のいちばん多いものを中心限月という。日経先物の場合は直近の限月のものが中心限月となり、取引最終日であるSQの前日まではかなりアクティブに取引される。中心限月以外は取引もほとんど成立しないので流動性に乏しく、手を出すべきではない。日経先物の限月交代は出来高でもって判断する。
2010/05/28

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 12月 17日 (月)
日経先物の21000円割れは売り込んでいく。
本日のイベント
2018年 12月 17日(月)
22:30 エンパイア指数
アメリカ +20.2
00:00 NAHB
アメリカ 60
06:00 対米証券投資
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 12月 17日 (月)
日経先物
  • 今月の高値22780
  • 先週の高値21920
  • 昨日の高値21695
  • 昨日の海外クローズ21220
  • 昨日の安値21180
  • 10月の安値20790
  • 今年の安値20130
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。