HOME  > 豆知識
(26)値段が飛ぶ  
日経先物やTOPIX先物が取引所に上場されており、買うだの売るだのといった取引手法は現物株とまったく同じである。株価指数をひとつの株式だと考えればいいのである。そして個別の現物株と同様に、株価指数の先物も一日の取引活動によって高値や安値が形成され、その日の結果として克明に記録されていく。しかしながら、日経先物場合、上場している市場がひとつではなく、現物株の市場が閉まっている間にもマーケット全体の動きを織り込みながら、ほぼ24時間取引されている。

日本の証券会社などで口座を開いた場合などには、日本時間での取引しかできない場合がある。外国為替の証拠金取引などでは24時間連続して値段がついていくが、日経先物の場合には、日本時間が終わった後に海外での動きを受けて、前日の終値から当日の始値まで値段が飛んでしまったりすることもよくある。

日本時間だけで取引をする場合には、このような場合も想定してポジションの管理をしっかりしておく必要がある。
2010/05/28

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 08月 20日 (月)
日経先物の22300円アッパーは売り。
本日のイベント
2018年 08月 20日(月)
15:00 PPI
ドイツ +1.7%
00:00 ボスティック総裁
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 08月 20日 (月)
日経先物
  • 先月の高値22930
  • 先週の高値22375
  • 昨日の高値22330
  • 昨日の海外クローズ22230
  • 昨日の安値22075
  • 先週の安値21820
  • 先月の安値21430
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。