HOME  > 豆知識
(8)指値注文  
日経先物は主に局地戦での戦いとなる。つまり相場とのにらめっこである。市場のオープン前に考えていたことなどは、5分も経過すれば吹っ飛んでしまうこともよくある。ロングにすべきかショートにすべきかは、進行中の相場が教えてくれるようなものだ。結局、自分がロングで儲かるのか、ショートで儲かるのかは、一日が終わってみないとわからない。相場の流れについていくしかないのである。

そうしたなかでは、ポジションを作るにしてもクローズするにしても、注文を指値で出すのはいかにも分が悪い。指値注文(リミットオーダー)は、誰かが売ってこないと自分は買えないわけだし、誰かが買ってこないと自分は売れないのである。流れについていくつもりが、流れに逆らったことをしていることになる。市場の多くの人がやっていることと、反対のことを自分はやることになるのだ。

人間は万能ではないのだから、相場の端っこを当てることなど出来はしない。よって「このあたりで売ろう」などと下手に指値注文を入れることなく、自分が相場を見ながら、流れが反転の兆しを示すまで何もしない。値動きが反転しないまでも微妙な変化を見せだしたら、成り行きで敢行である。

たしかに新規にしろ、決済にしろ、ポジションの変更をともなう場合の注文は、成り行き注文でなければならないだろう。それを戒めている書籍の類も多い。目先の10円や20円にこだわっていてはいけない。そんなものは他人にくれてやれという意気込みが必要だ。
2010/04/14

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 08月 20日 (月)
日経先物の22300円アッパーは売り。
本日のイベント
2018年 08月 20日(月)
15:00 PPI
ドイツ +1.7%
00:00 ボスティック総裁
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 08月 20日 (月)
日経先物
  • 先月の高値22930
  • 先週の高値22375
  • 昨日の高値22330
  • 昨日の海外クローズ22230
  • 昨日の安値22075
  • 先週の安値21820
  • 先月の安値21430
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。