HOME  > 豆知識
(10)取引手数料  
日本のネット証券の日経先物では1枚あたりの取引手数料が1000円から3000円くらいの間で提供されているようだ。もともと先物取引は差金決済が基本なので、買ったらどこかで売らなければいけないし、売ったらどこかで買い戻して決済をすることになる。したがってコストとしては1回の売りと買いの往復で2000円?6000円前後が必要なる計算だ。

取引手数料というものは、相場で勝とうが負けようが確実にコストとしてかかってくる。よって、取引手数料は安いに越したことはない。ただ回数によっては1日の取引手数料の上限を決めている場合もあるし、日計りの場合には手数料ゼロなどという、さまざまな手数料サービスが用意されている。

一回あたりの取引手数料の多い少ないだけで判断せず、こうしたサービスなども総合的に考慮して、いちばん自分にあったところを選びたい。

ここで考えてみたいのは、頻繁に売買すると取引手数料がかさんでバカバカしいと考える人も多くいるということだ。しかし、5円や10円といった最小刻みの値動きによって日経先物はいくらの損益が発生するのかを考えると、多くの場合、手数料分くらいは十分に回収できてオツリがくる。相場に立ち向かって値幅を取りに行ってやろうとしているのだから、少なくとも最小刻み以上の値幅は取れると思って相場に入っていくはずである。取引手数料が安いほうがいいに決まっているが、そのために損失が出たというのは言い訳にすぎない。昔と違って「取引手数料がこんなに安くなっていい時代になったなあ」と前向きに考えよう。
2010/05/26

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 08月 20日 (月)
日経先物の22300円アッパーは売り。
本日のイベント
2018年 08月 20日(月)
15:00 PPI
ドイツ +1.7%
00:00 ボスティック総裁
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 08月 20日 (月)
日経先物
  • 先月の高値22930
  • 先週の高値22375
  • 昨日の高値22330
  • 昨日の海外クローズ22230
  • 昨日の安値22075
  • 先週の安値21820
  • 先月の安値21430
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。