HOME  > 豆知識
(5)SGX日経先物  
シンガポール証券取引所でも日経先物は上場されている。前述のとおり、取引時間は一番長く、1単位のサイズが大証の日経225の半分で、値段の刻みも5円ずつである。またCMEの日経先物とも交換可能なので、海外で取引されてきた日経先物との連続性も保証されている。大証の日経225やミニ日経の取引時間にも重なって取引されている。しかも純粋なトレーディング目的の参加者が多いため、無駄な動きが少なく、短期の方向性を見るには最適である。

海外で重大な事件や材料で株式相場が大幅に変動したときなど、翌日の日本市場では寄り付きまでの板寄せに時間がかかる。大証の日経先物は同じ日本のルールでやっているので、当然のごとく板寄せを行う。ひどいときは5分以上も板が寄らないことがある。すなわちその日のオープニング・レートが確定せず、その間だれも取引することが出来ないわけである。その一方、SGXでは8時45分から市場はオープンしており、日本の市場の開く9時頃までには、日経先物の値段はすでについていて取引されている。よってSGXの日経先物のレベルを確認することによって、大証での日経先物の取引の手助けにもなる。

細かい動きを見る場合には、大証の日経先物の板とSGXの日経先物の板を比べてみるのである。この例だと、大証の日経のオファーはいかにも間違っているように見え、大証で買うのであれば、成り行きで買うよりもビッドに並んで待っても買えそうである。
2010/05/25

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 10月 22日 (月)
今週も激しい値動きが続く可能性が高いが、それでもコアレンジははみ出さないだろう。日経先物は22000円台でレンジワークか。
本日のイベント
2018年 10月 22日(月)
19:30 ハズブロ
米企業決算 +2.24
テクニカルポイント
2018年 10月 22日 (月)
日経先物
  • 先月の高値24480
  • 先週の高値22950
  • 昨日の高値22690
  • 昨日の海外クローズ22475
  • 昨日の安値22210
  • 先週の安値22030
  • 本邦勢のビッド21885
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。