HOME  > 豆知識
(11)価格の先行性  
世の中で何が起こっているのかわからない。いろいろ気をつけて情報を集めているつもりであっても、ニュースとして我々の眼に触れるようになるまでには時間を要する。突発的に予想もしないことが起こっても、だれも親切に教えてはくれないが、価格だけは何かを語ってくれるのである。

いきなり日経先物が急落した。何が原因なのか調べていてもわからない。JGB先物も急騰している。円相場もかなりの勢いで円安になっている。日経先物は500円も落ちてしまっているが、このあとどうしよう。このような局面は必ずあるが、なんでそうなったかは、この際重要ではない。すべての日本に絡んだ価格がマイナス方向に反応しているのだ。日経先物のロングポジションを損切ることはあたり前で、目をつぶって日経先物を売り込んでいかないといけないところだ。

かなり時間がたってから「テロだった」などと原因が判明するものであるが、その時は相場はさらに進んでいるのだ。価格に妙な動きが見えたなら、「何かあったんだな」と考え、価格のほうを信じるようにする。たとえそれが注文の誤発注のためであったり、デマ情報のためであっても構わないのだ。
2010/05/25

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 12月 17日 (月)
日経先物の21000円割れは売り込んでいく。
本日のイベント
2018年 12月 17日(月)
22:30 エンパイア指数
アメリカ +20.2
00:00 NAHB
アメリカ 60
06:00 対米証券投資
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 12月 17日 (月)
日経先物
  • 今月の高値22780
  • 先週の高値21920
  • 昨日の高値21695
  • 昨日の海外クローズ21220
  • 昨日の安値21180
  • 10月の安値20790
  • 今年の安値20130
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。