HOME  > 豆知識
(12)市場の話題  
各々の市場で季節要因とでもいうべきか、決まって需給が話題にのぼることがある。株式市場では3月、9月末の配当取りや、各月末の投資信託の新規設定、年度初めにおける機関投資家などの新規資金のアロケーションなどが買いの材料にされる。また10月には外資系ファンドの決算時期であるからというので売り材料とされているようだ。外為市場でも同様であって、12月は米国企業の本国への利益還流ということで円売り・ドル買い、逆に3月末では日本企業の米国からの利益還流というので円買い・ドル売りが起こるとされている。

しかし、その多くは相場が実際にその方向に動いたときの、事後的説明としてしか使われていないようだ。配当がもらえる年度末の最終取引日に日経平均株価が上がっていたら、夕方の経済ニュースでは「配当取りの動きが活発化して・・」などというだろうが、反対に下落していようものなら実際に配当取りの動きはあったにしても何も言わなくなってしまう。

この傾向は板のない市場である外国為替市場では特に顕著である。毎年の2月、5月、8月、11月の15日は米国債の利息の支払いが予定されている。日本は官民あわせて大量の米国債を保有しているので、その日がくると円買い・ドル売りの需給材料とされてしまうが、円相場が円高の方向に向かっているときはいいのだが、円安に振れようものなら誰も何も言わなくなってしまう。米ドルでの利息は厳然として支払われているのにである。需給をネタにする怪しさを感じないではいられない。

要は、日経先物をはじめ相場で勝負する際には、需給要因は頭に入れておかねばならないのは事実だが、目先の値動きのほうが大切だということだ。月末だからといって、自分が、または会社が損失を出してまでお化粧買いなどは誰も仕掛けないのだ。たまたまお化粧買いに見えることがあっても、それは相場が上がってきたからチョウチンがついただけのことであって、月末であることとは関係がない。日経平均株価の過去10年間の月末応答日の多くが陰線で終わっているのは、妙な需給話についていくなという警鐘ではないだろうか。
2010/05/25

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 12月 13日 (木)
イギリスが混迷の度合いを深めそうだ。夕方から日経先物を売っていく。
本日のイベント
2018年 12月 13日(木)
12:45 5年債入札
日本
20:00 金利会合
トルコ 変更なし
21:45 金利会合
ECB 変更なし
22:30 失業保険
アメリカ 225K
03:00 30年債入札
アメリカ
*** 首脳会談
EU 1日目
テクニカルポイント
2018年 12月 13日 (木)
日経先物
  • 先週の高値22780
  • サイコロジカル22000
  • 昨日の高値21830
  • 昨日の海外クローズ21635
  • 昨日の安値21270
  • 10月の安値20790
  • 今年の安値20130
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。