HOME  > 豆知識
(8)センチメント調査  
アンケート形式の調査で作られるものであり、調査対象が個人であったり法人であったりする。消費者マインドや設備投資意欲を探るには絶好のものである。しかしながら、株価が高値を維持している時期などに調査を行うと、比較的高い数値が出やすいこともあって、株価の遅行指標でしかないという見方もある。
 
日本で代表的なものは「日銀短観」で、この指標の出る週は事前予想に基づいて株式市場でのポジションが形成されることが多く、発表されるその瞬間までその動きを止めない傾向が強い。それだけ世間全般が気にしている指標だということであり、日本政府や日銀もそれに対して経済対策や金融政策を打ってくることが多い。市場の関心が高い分だけ、発表直後の市場は虚無感に覆われる。非常に良い数値が出ても、材料出尽くしということでかえって株価が下げてしまうことすらある。日銀短観はファンダメンタルズを変えてしまうほどの大きな材料であることは間違いないが、その結果が判明してから日経先物でポジションを新規に作っていくには遅きに失する場合が多いようだ。

米国のような楽観的人種が多い国では、特にこうしたセンチメント調査が好まれるようで、毎月たくさんの種類のセンチメント調査が発表されている。そのつど米国の株式市場は一喜一憂しているのだが、その影響が回りまわって日本の株式市場にも及んでくる。
2010/05/18

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 10月 22日 (月)
今週も激しい値動きが続く可能性が高いが、それでもコアレンジははみ出さないだろう。日経先物は22000円台でレンジワークか。
本日のイベント
2018年 10月 22日(月)
19:30 ハズブロ
米企業決算 +2.24
テクニカルポイント
2018年 10月 22日 (月)
日経先物
  • 先月の高値24480
  • 先週の高値22950
  • 昨日の高値22690
  • 昨日の海外クローズ22475
  • 昨日の安値22210
  • 先週の安値22030
  • 本邦勢のビッド21885
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。