HOME  > 豆知識
(12)企業決算  
会社の価値である株式の時価総額というものは、会社の持っている現金や土地といった実物資産の総額と、将来、生み出すであろう利益に対する期待値の合計から成っている。

よって、各企業の決算発表が株式市場に大きな影響をおよぼすのは当然である。決算という過去の数字も大切だが、最近では会社の出す来期の業績見通しにも注目が集まっている。日経平均株価に関してはハイテク企業の寄与度が大きいので、決算発表をひかえたハイテクやIT関連の会社のアナリスト予想は要チェックとなる。どの会社が何日何時に決算発表をするかは、事前にカレンダーでチェックできるようになっており、大手の証券会社はすべて自社予想を出している。

現在の株価はそうした予想を織り込んで価格形成されているはずなので、予想値と異なったものが出てきた場合は、すぐに日経先物で対応するようにしたい。日本の株式市場が引けてしまった後に決算発表する会社も多いので、夕方に始まるシンガポールの日経先物の値動きも見逃せないということになる。日経先物のナイトセッションに参加できない場合でも、翌日以降の相場観を養ううえでも参考にすべきである。

ひとつの企業が好決算を発表した場合、大体そのセクター全体が良いとされ、値がさ株にも回りまわって影響を与えることになり、日経平均株価を押し上げる原動力になる。よって、日経平均株価の採用銘柄ではないからといって、無視できる材料はほとんどないといっていいだろう。

市場が引けてから発表される企業決算が多いのはアメリカも同様であって、こちらのほうはダウ平均やナスダック総合指数の終値に反映されていないことになる。24時間やっているグローベックス(=CME)での株価指数先物の値段の変動を参照したりするなどして、日経先物にどの程度のインパクトがあってしかるべきか、シカゴの日経先物の終値よりどのくらいの値段の変動があってしかるべきかを考え、朝から始まる日経先物のマザーマーケットに備える。
2010/05/18

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 12月 13日 (木)
イギリスが混迷の度合いを深めそうだ。夕方から日経先物を売っていく。
本日のイベント
2018年 12月 13日(木)
12:45 5年債入札
日本
20:00 金利会合
トルコ 変更なし
21:45 金利会合
ECB 変更なし
22:30 失業保険
アメリカ 225K
03:00 30年債入札
アメリカ
*** 首脳会談
EU 1日目
テクニカルポイント
2018年 12月 13日 (木)
日経先物
  • 先週の高値22780
  • サイコロジカル22000
  • 昨日の高値21830
  • 昨日の海外クローズ21635
  • 昨日の安値21270
  • 10月の安値20790
  • 今年の安値20130
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。