HOME  > 豆知識
(10)トレンドライン  
このローソク足を時間の順にたくさん並べたものをローソクチャートという。チャート上で高いところどうしを結んだ直線が外側に一本引ける。この線をトレンドラインといい、右肩下がりになっているもので下降トレンドであるという。確かに戻し高値が切り下がってきている。このトレンドラインは上値の抵抗線ともなりうるので、この線を上に越えない限り、下降トレンドは続くものとする。上昇トレンドの場合はちょうど逆になり、安値が切り上がっていくもので、このトレンドラインは下値の支持線となる。

1本のローソクを構成する時間幅はいくらにでも設定できる。どのくらいの時間のものを見るかによって、いまは上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、変わってくる。これは自分の売買する頻度から判断するしかない。日経先物を使ってデイトレードを考える場合は、5分くらいの短いものを使い、いま攻めている相場がどちらのトレンドなのかを確認し、売り損ねや買い損ね、シコリを抱えた場合の戻り待ちには、トレンドラインの内側すぐ近くで待つことになる。
2010/05/08

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 08月 20日 (月)
日経先物の22300円アッパーは売り。
本日のイベント
2018年 08月 20日(月)
15:00 PPI
ドイツ +1.7%
00:00 ボスティック総裁
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 08月 20日 (月)
日経先物
  • 先月の高値22930
  • 先週の高値22375
  • 昨日の高値22330
  • 昨日の海外クローズ22230
  • 昨日の安値22075
  • 先週の安値21820
  • 先月の安値21430
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。