HOME  > 豆知識
(11)ブレーク  
抵抗線や支持線の内側では線を越えないように内向きの力が働く。しかしこの線を越えてしまうことをブレークするといい、「高値と安値」の項で述べたとおり、今度は逆向きの力が働き、いままで売り基調だったものは急に買い基調になってしまう。こうした作用をもった抵抗線や支持線は、いろいろなチャートで得られるので、試してみるのがよいだろう。

共通しているのはただひとつ。抵抗線や支持線の近くでは逆張り、ブレークすると順張りでついていくということだ。トレンドというものは、継続している時間のほうがが長いのでトレンドになりうるのであって、目先の相場の動きに逆張りであってもトレンドのほうを重視する。反転してブレークするにはかなりのパワーが必要だが、いったんブレークしたなら、ブレークしたほうについていく。

これはトレンドフォローという手法であり、トレンドには逆らわない。
2010/05/08

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 12月 13日 (木)
イギリスが混迷の度合いを深めそうだ。夕方から日経先物を売っていく。
本日のイベント
2018年 12月 13日(木)
12:45 5年債入札
日本
20:00 金利会合
トルコ 変更なし
21:45 金利会合
ECB 変更なし
22:30 失業保険
アメリカ 225K
03:00 30年債入札
アメリカ
*** 首脳会談
EU 1日目
テクニカルポイント
2018年 12月 13日 (木)
日経先物
  • 先週の高値22780
  • サイコロジカル22000
  • 昨日の高値21830
  • 昨日の海外クローズ21635
  • 昨日の安値21270
  • 10月の安値20790
  • 今年の安値20130
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。