HOME  > 豆知識
(14)分割比率  
高値と安値が重要なことはすでに述べた。それと同じくらいに重要なのが「半値」である。ここまでやってきた相場全体の平均コストは、だいたいレンジの半値くらいになるはずだというのが根拠。相場が戻るようなことがあっても、半値に近づくと逃げの玉が出てきてテクニカルポイントのように作用してしまうということである。

相場が一方向に下落しながら走っているときに売りそびれたとしても、急落過程での半値戻しはどこであるかを確認した上で、半値あたりまで戻るのを待つことができるかを吟味し、それでも可能性がないと読んだなら底値を売り込んでいくのである。

そのほか、3分の1戻し(または3分の2)やフィボナッチ級数に基づいた比率である38.2%(または61.8%)などが比較的に有名であり、高値と安値のレンジの間に設定されるテクニカルポイントとして重要視されているが、あまりに細分化したものを多用しすぎると、かえってどれが大事なのかボヤけてしまう。

いろいろたくさんのポイントを設定してみたところで、相場は絶えず動いているのだから、論理的に言っても、そのうちどこかで必ず止まるのである。「38.2%戻しのところでキレイに止まった」と感激している人を見かけるが、あまり意味のないことのように思える。年間の高値・安値を議論しているときには細かく見る必要もあろうが、さしあたって日経先物の日計りトレーディングにおいては、意識するのは前日の高値・安値と半値戻しにとどめるだけで十分である。
2010/05/08

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 08月 20日 (月)
日経先物の22300円アッパーは売り。
本日のイベント
2018年 08月 20日(月)
15:00 PPI
ドイツ +1.7%
00:00 ボスティック総裁
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 08月 20日 (月)
日経先物
  • 先月の高値22930
  • 先週の高値22375
  • 昨日の高値22330
  • 昨日の海外クローズ22230
  • 昨日の安値22075
  • 先週の安値21820
  • 先月の安値21430
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。