HOME  > 豆知識
(3)ミニ日経の誕生  
そうした世界的な流れのなかで、ミニ日経は生まれた。「早くミニサイズを」という要望はかねてからあった。特に日本の大証の日経先物はSGXの日経先物と覇を競っている。SGXの日経先物は大証のサイズの半分だ。シンガポールに取引口座を持っていない人にとっては一日も速く、日本でのミニサイズの上場が待たれていた。

いかにも遅きに失しているという点は否定できないが、なにはともあれ、10分の1サイズのミニ日経が上場されたことは画期的なことである。当初、心配された流動性であるが、半年くらい経ってみて振り返ってみると特に問題はないようだ。5円刻みなのでSGXの日経先物とプライスの比較が容易にできるが、マーケットの材料に対する敏感度からいうと申し分がない。板も豊富な注文で満たされているし、従来のレギュラー日経には引けを取らない。これまで大証の日経先物に手を出せなかった投資家も、大いに参加できる機会を得たわけである。
2010/04/02

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 10月 19日 (金)
日本株は戻り売り。
本日のイベント
2018年 10月 19日(金)
08:30 CPI
日本 +1.3%
11:00 GDP
中国 +6.6%
11:00 鉱工業生産
中国 +6.0%
11:00 小売売上高
中国 +9.0%
11:00 固定資産投資
中国 +5.3%
15:35 黒田総裁
日本 BOJ
19:20 ハネウエル
米企業決算 +1.98
20:00 P&G
米企業決算 +1.10
23:00 カプラン総裁
アメリカ FRB
23:00 中古住宅販売
アメリカ 5.30M
00:30 カーニー総裁
イギリス BOE
01:00 ボスティック総裁
アメリカ FRB
テクニカルポイント
2018年 10月 19日 (金)
日経先物
  • 今年の高値24480
  • 先週の高値23805
  • 昨日の高値22945
  • 昨日の海外クローズ22315
  • 昨日の安値22160
  • 今週の安値22030
  • 本邦勢のビッド21885
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。