HOME  > 豆知識
(7)ターゲット  
まずは値幅の問題だが、機械的に決めた損切りラインがアゲインストの50円幅であれば、利食いは100円以上を狙うという姿勢を貫くべきであろう。30円で損切りの50円狙いでもよい。逆に言うと、取っているリスクに対して倍近くのリターンを見込めない場合には、簡単に相場に入ってはいけないということである。これを貫くことによって勝敗が五分五分でも、かなり分のよい戦いかたが出来るはずだし、利食いポイントのほうが遠いのだから勝率が5割を割り込んだにしても、トントンで済む。

「順張り」の項目で見てきたとおり、相場が1,2,3、4と来たから5を買ってみるという行為の裏には、反対に進みだして3などが出会いはじめたら損切りしますよ、ということが内包されている。損切りが2ポイントであるならば、利食いは2ポイント以上を狙って、8や9以上でないといけないことになる。6や7では利食ってはいけないのだ。相場が6や7をやっているときは利食いたくてどうしようもなくなるが、我慢するのである。「損切りは早めに、利食いが遅く」というのは、まさにこのことを言っている。
2010/04/20

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2019年 05月 24日 (金)
今日も日本株は戻り売り。
本日のイベント
2019年 05月 24日(金)
08:30 CPI
日本 +0.9%
17:30 小売売上高
イギリス -0.1%
21:30 耐久財受注
アメリカ -2.0%
21:30 耐久財コア
アメリカ +0.2%
*** EU議会選挙
5/23-26
テクニカルポイント
2019年 05月 24日 (金)
日経先物
  • 今月の高値22495
  • 先週の高値21490
  • 昨日の高値21235
  • 昨日の海外クローズ20870
  • 昨日の安値20810
  • 先週の安値20750
  • 3月の安値20640
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。