HOME  > 豆知識
(10)相場観  
14000円くらいで値段が推移した後の15000円と、16000円台で値段が推移した後の15000円は、おなじく現在のプライスが15000円と言っても、ぜんぜん意味合いが違う。

相場観がいいという人は、相場がどのような道のりをたどってここまできたかなど、記憶力の良い人が多いようだ。しかし最近では優れたコンピューターがいくらでもあり、相場が歩んできた道のりを画面に描かせるくらいは朝飯前で、記憶力に頼らなくても誰にでも現在の位置と状況が認識できるようになっている。

では全員が同じものを見ているのに、なぜ自分は相場が上がると強気になったのだろうか? 需給を論じているときと同じで、値段が上がってきたからである。当初は強気であっても、相場が下がりだせば、やっぱり売ろうかと弱気になることもある。上がるだろうとか下がるだろうという相場観は、目先の相場でいくらでも変わるわけであり、それは「眼前の値段により忠実であれ」ということの裏返しなのである。よく相場の動きを見ること、ファンダメンタルズなどの背景となる動きに関係する情報を入れておくことで、自然によい相場観を持てるようになるだろう。
2010/04/20

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 08月 20日 (月)
日経先物の22300円アッパーは売り。
本日のイベント
2018年 08月 20日(月)
15:00 PPI
ドイツ +1.7%
00:00 ボスティック総裁
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 08月 20日 (月)
日経先物
  • 先月の高値22930
  • 先週の高値22375
  • 昨日の高値22330
  • 昨日の海外クローズ22230
  • 昨日の安値22075
  • 先週の安値21820
  • 先月の安値21430
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。