HOME  > 豆知識
(4)塩漬け  
ストップ注文を置かずに、そのまま損切る機会もつかめないまま様子見を決め込むと、当然それがシコリとなることがある。いわゆる「塩漬け」というものだ。
「これは上がるぞ!」と思って買ってみたものの、買ったとたんに相場の上げは一服する。一服どころか下がり始める。すると、昨日や一昨日においてもっと高いレベルがあり、そのレートが生々しく記憶に残っているときなどは、「またそのうちに元の値段に戻るんじゃないか」と思い込みやすい。また、そう信じたくなるのが人間の心理である。

程度の差こそあれ、こうして損切りの姿勢をとらないで、ひたすら相場が回復するまで死んだフリを決めこむことを「塩漬け」というが、塩漬けにしたところで相場が戻ってくれるという保証はない。仮に50%の確率でいずれは戻ることを認めたにしても、どのくらいの時間を要するのか定かではない。時間を無視する以上、利回りが計算できないので、もはや投資とは呼べない。長期で持っていれば、投資になるというものではない。

確かにすぐに使う必要のないお金であれば、それでもよいのかもしれない。しかし、日経先物のようなレバレッジの効いた証拠金取引というものは、事実上、塩漬けは不可能というよりもあまり意味がない。いくらでも証拠金を積んでおけばいいと思うかもしれないが、それでは何のために資金効率のよいはずの日経先物をやっているのか、本来の意義がなくなってしまう。日経先物をやるにおいては、塩漬けは出来ないと思って取り組むくらいでよい。

目先の20円、30円を取りにいくつもりであったものが、利食いゾーンに達することなく相場が反転してしまったときなどは特に注意が必要だ。50円幅ほど反対に持っていかれているが、大きく評価損が出ているわけでもないので損切りをしないで、翌日まで様子見姿勢に入り、戻りを期待するというパターンがよくある。当初の目的は20円、30円を取りにいくものであったならば、そのリターンに見合うリスクはせいぜいで10円、20円のはずである。ちゃんと考えれば、まったくリスクに見合わないリターンを狙っていることになる。注意したいのは、投機の失敗が投資になってしまうことである。短期のポジションのつもりであったものが、アゲインストにいってしまったという理由で長期のポートフォリオになってしまうことである。「投資は投機の失敗したもの」といわれないように慎みたいところだ。このような塩漬けを何回も重ねていると、しまいには割りの合わない高いものにつくのは目に見えている。
2010/04/14

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 08月 20日 (月)
日経先物の22300円アッパーは売り。
本日のイベント
2018年 08月 20日(月)
15:00 PPI
ドイツ +1.7%
00:00 ボスティック総裁
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 08月 20日 (月)
日経先物
  • 先月の高値22930
  • 先週の高値22375
  • 昨日の高値22330
  • 昨日の海外クローズ22230
  • 昨日の安値22075
  • 先週の安値21820
  • 先月の安値21430
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。