HOME  > 豆知識
(6)ひとつの金融商品  
株式市場で一番オースドックスな取引といえば、「A建設」や「B商事」、「C電機」の株式を売買するという、いわゆる個別株式の取引である。「A建設」や「B商事」「C電機」といった会社ごとに発行している株式を売買するのである。資本主義において株式会社と名のつくものは、みな株式を発行している。しかしそのなかで、株式を証券取引所で売買できる会社はごく一部である。証券取引所で売買できるように上場するためには、ある程度の会社の規模があり、会計基準など取引所が定めた基準を満たしていなければいけない。

証券取引所は世界中に存在し、その形式や得意分野などさまざまであるが、経済のグローバル化と、インターネットなどのネット取引の急増によって、証券取引所がどこにあるかは問題ではなくなってきている。このため各国の証券取引所の間では、世界的な合従連衡の動きが見られる。とにかく一般に人が株式の売買をおこなうという場合、この証券地取引所を通じておこなわれることになる。

日経平均などの株価指数も、個別株式の売買と同じように、取引所で売買されるひとつの商品として上場している。したがって、取引方法は、株式の売買と変わりがない。株価指数自体を取引対象としているのだが、これらを総称して「株価指数先物」と呼ぶ。
2010/05/31

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 10月 22日 (月)
今週も激しい値動きが続く可能性が高いが、それでもコアレンジははみ出さないだろう。日経先物は22000円台でレンジワークか。
本日のイベント
2018年 10月 22日(月)
19:30 ハズブロ
米企業決算 +2.24
テクニカルポイント
2018年 10月 22日 (月)
日経先物
  • 先月の高値24480
  • 先週の高値22950
  • 昨日の高値22690
  • 昨日の海外クローズ22475
  • 昨日の安値22210
  • 先週の安値22030
  • 本邦勢のビッド21885
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。