HOME  > 豆知識
(2)買い相場と売り相場  
いろいろな値段のところで買いたい人はたくさんいる。そのうちで一番高いものを買い相場(=ビッド)といい、反対にいちばん安い売り注文を売り相場(=アスク)という。通常「相場」といった場合、この買い相場と売り相場の2つの値段から構成されており、「買い相場―売り相場」の順で提示される。相場が動くときはこの2つの値段が同時に上下していくことになる。

買い相場と売り相場は値段のほかに量も大事な要素である。「今の相場は15200円―15210円」であるというだけでは不十分で、「200枚対250枚」というようにどのくらいの量が並んでいるかも付け加える。今の相場に直接関係してくるのは2つの値段しかないが、その後ろにはビハインド(隠れて見えない)注文が無数に存在するはずで、あたかも板がたくさん並んでいるようなので「板」と呼ばれている。
2010/05/28

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 08月 20日 (月)
日経先物の22300円アッパーは売り。
本日のイベント
2018年 08月 20日(月)
15:00 PPI
ドイツ +1.7%
00:00 ボスティック総裁
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 08月 20日 (月)
日経先物
  • 先月の高値22930
  • 先週の高値22375
  • 昨日の高値22330
  • 昨日の海外クローズ22230
  • 昨日の安値22075
  • 先週の安値21820
  • 先月の安値21430
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。