HOME  > 豆知識
(5)引け  
午前や午後の終わりも1本値に統一される。しかし場の始まりに比べると、終わりかたは完全な板寄せではない。「終値で売る」という注文を出していても売れないときもある。それでも時間的制限があるなどして無理にでも終値を決定しないといけないので、やむをえないのかもしえない。

そこで問題が明らかになってきたのが日経先物の出現によってであろう。昔は先物取引などのSQ値の算出(SQについては3?5:「SQ」を参照)は終値を集めて計算されていた。しかし終値では完全に注文を裁けないので清算のはずが清算できていないということもあって、現在では始値をもって算出するというのが世界の潮流になったという経緯がある。

また投資信託などの運用で、インデックスとしてすべての銘柄を買わねばならないような場合には、寄りつきに注文を出す。引けでは売買が成立しないことがあり、理論どおりにいかなくなってしまうからだ。しかしながら、終値はその日の 値段として重要視されており、前日より上がったか下がったかを論じるときに用いられることが多い。
2010/05/28

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 12月 13日 (木)
イギリスが混迷の度合いを深めそうだ。夕方から日経先物を売っていく。
本日のイベント
2018年 12月 13日(木)
12:45 5年債入札
日本
20:00 金利会合
トルコ 変更なし
21:45 金利会合
ECB 変更なし
22:30 失業保険
アメリカ 225K
03:00 30年債入札
アメリカ
*** 首脳会談
EU 1日目
テクニカルポイント
2018年 12月 13日 (木)
日経先物
  • 先週の高値22780
  • サイコロジカル22000
  • 昨日の高値21830
  • 昨日の海外クローズ21635
  • 昨日の安値21270
  • 10月の安値20790
  • 今年の安値20130
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。