HOME  > 豆知識
(9)出来高と取組高  
取引所取引では取引は売りと買いの完全なマッチングによって値段が決定され、相場が進行する。買いの総数と売りの総数は同じであるはずなので、そのどちらか一方の数をもって出来高(=ボリューム)とする。現物の株式では出来高は株数で表わされ、日経先物では枚数で表わされる。出来高はリアルタイムでも追っていけるが、その日の総計分は、新聞などで毎日公表されている。出来高が多いときは市場が活発であることを表わす。

取組高(=オープンインタレスト)とは、市場のポジションの総数のこと。取組高の増大は市場の盛り上がりを示すわけだが、ポジションというものはいずれ閉じられる運命にあるのだから、相場の転換点となることが多い。
2010/05/28

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 08月 20日 (月)
日経先物の22300円アッパーは売り。
本日のイベント
2018年 08月 20日(月)
15:00 PPI
ドイツ +1.7%
00:00 ボスティック総裁
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 08月 20日 (月)
日経先物
  • 先月の高値22930
  • 先週の高値22375
  • 昨日の高値22330
  • 昨日の海外クローズ22230
  • 昨日の安値22075
  • 先週の安値21820
  • 先月の安値21430
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。