HOME  > 豆知識
(11)差金決済  
株価に株数をかけたものを売買代金という。現物株の場合はこの売買代金が受け渡しの金額となり、買った人はこの売買代金に見合う現金を支払って株式を入手し、売った人は持っている株式を手放す代わりにこの売買代金の全額を受け取る。よって売買代金と自分のフトコロ具合を考えて、どの株式をどのくらい買うかを決めることがまずもって重要となる。
 
日経先物にも売買代金と同じようなものが存在するが、全く意味を成さない。日経先物を新規に買ったからといって、売買代金に相当するものを支払う必要はなく、反対売買したときの売買代金とのの差額だけをもって清算するのである。日経先物の値段が15000円で1枚だけ(1000株分に相当)買うとすると、売買代金にあたるものは、

1枚 X  15,000円 X 1000株 = 1500万円

となるが、日経先物を買っただけという段階で1500万円も用意する必要はない。それをしかる後に15100円で売却し反対売買が完了した段階で、その差額から発生する金額の

1枚 X (15100 ? 15000)X 1000株 = 10万円

だけが、受け渡し金額の対象となる。 これを差金決済という。

同様のことを現物株で較べてみよう。15,000円の株式を1,000株買ったとすると、

売買代金 = 15,000円 X 1,000株 = 1500万円

となり、15100円で売却したとすると、

売買代金 = 15、100円 X 1,000株 = 1510万円

が受け取れるので、利益は同じく10万円だということは同じなのだが、現物株の場合は買った日と同じ日に売却したにしても、購入代金の1500万円は用意しなければいけない。

先物取引で、新しくポジションを作ることを「新規に玉を建てる」といい、ポジションを閉じることを「玉を決済する」というが、必ず買ったものは、どこかで売り、売っていたものは、どこかで買い戻すというように、売買がワンセットになっている。いずれ必ず決済がおこなわれ、決済した時点の損益しか実際のお金の増減はないので、全部の金額を入れる必要がないという合理的な考え方に基づいているのだ。
2010/05/28

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 12月 17日 (月)
日経先物の21000円割れは売り込んでいく。
本日のイベント
2018年 12月 17日(月)
22:30 エンパイア指数
アメリカ +20.2
00:00 NAHB
アメリカ 60
06:00 対米証券投資
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 12月 17日 (月)
日経先物
  • 今月の高値22780
  • 先週の高値21920
  • 昨日の高値21695
  • 昨日の海外クローズ21220
  • 昨日の安値21180
  • 10月の安値20790
  • 今年の安値20130
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。