HOME  > 豆知識
(17)アベイラビリティ  
先物取引の場合は、証拠金残高のうちから今持っているポジションに必要なマージン分を除いて残った金額が、余剰資金としてみなされる。この部分をアベイラビリティという。日本では出金可能額ともいわれる。アベイラビリティの部分を多く持ってさえいれば、評価損に備えることも出来るし、さらにポジションをもう1枚だけ増やそうというときにも使えるわけである。アベイラビリティが少ないと、ちょっとの評価損でもマージンコールになってしまい、不本意な取引を強いられかねない。

日経先物の取引を始めるにあたって、いくらくらいの証拠金を業者に差し入れておけばよいかを考えるときは、その業者の求める必要な当初証拠金とアベイラビリティを勘案しなくてはいけないのである。日経先物は1日に100円以上、よく動く時には300円から400円も動くことがあるので、その動く分も考えたうえで余裕を持って送金すべき金額を決めるのが賢明だ。
2010/05/28

一覧

    サクソバンクFX


本日の作戦
2018年 12月 17日 (月)
日経先物の21000円割れは売り込んでいく。
本日のイベント
2018年 12月 17日(月)
22:30 エンパイア指数
アメリカ +20.2
00:00 NAHB
アメリカ 60
06:00 対米証券投資
アメリカ
テクニカルポイント
2018年 12月 17日 (月)
日経先物
  • 今月の高値22780
  • 先週の高値21920
  • 昨日の高値21695
  • 昨日の海外クローズ21220
  • 昨日の安値21180
  • 10月の安値20790
  • 今年の安値20130
注意事項
本資料は正確を期して作成しておりますがその確実性や安全性を保証するものではありません。
本資料は情報の提供の身を目的としているので結果については責任を負いかねます。
なお本資料を無断で引用・複製することを禁じます。